美しい歯、健康な歯健康を保つことで

治療できるケース

インプラント治療といあう歯科の治療方法は、無くなってしまった歯の下の顎の骨にネジを埋め込んで、その上に義歯を装着する方法です。しかし直接骨に埋め込む治療法なため、場合によっては治療できないケースも有るため注意が必要です。

この記事の続きを読む

アメリカで誕生

矯正歯科では、綺麗な歯列を目指すことが出来るでしょう。そのメリットはとても大きなものです。歯列を綺麗にする習慣は、アメリカから伝わってきました。横浜の矯正歯科では、高い技術力をもって治療を行っています。

この記事の続きを読む

正しい歯磨きの方法

正しい歯磨きの方法を実行することで、歯のトラブルを回避することが出来ます。その方法は歯科で学ぶことが出来るでしょう。池袋には多くの歯科があるので、検索サイトを活用して探してみましょう。

この記事の続きを読む

保険適用かを知る

インプラントは、失った歯を補う為の治療法です。そしてインプラントは、とても優秀な治療法です。インプラント以外にも失った歯を補う治療法はいくつかありますが、インプラント以外の治療法は歯の噛む機能を再現するのが困難な治療法です。理由は、歯の固定が必ずしも安定していないからです。その為、噛む際には注意しなければならず、それ故に強い力を込めて噛むには適さないのです。その点、インプラントで補った歯は、顎骨に強固に固定されていますので安定しています。従って、強い力を込めて噛んでも問題ありませんし、噛む能力は天然の歯と同等のレベルにまで達します。ですから、歯を失ったとしても、インプラントの治療を受ければ、以前と変わらない生活が送れるのです。但し、治療費は非常に高額です。治療を受けるつもりでいるのならば、そのことを肝に銘じておく必要があります。治療費は、1本30万円程度というのが相場になっています

思い違いをしている人もいるようですが、インプラント治療には保険がききます。しかし、保険がきくケースは、ごく一部のみとなっており、ほとんどの治療には保険がききませんから、あながち思い違いとは言えないのが現状です。保険がきかないことが、治療費高額の最大の原因ですから、保険がきくケースが増えない限り、つまり、保険適用条件が緩和されない限り、この状況は基本的に続きます。しかし、この状況下でも対応策を講じることはできます。日本国民には納税の義務がありますが、場合によっては納税が免除されることがあります。その1つが、医療費の負担が大きい場合です。医療費控除という制度があり、医療費を1年間に10万円以上支払っている場合には、税金の一部が免除されるのです。ですから、医療費控除を利用すれば、治療費は実質、安くなるのです。但し、医療費控除を受けるつもりでいるのならば、事前に歯医者に相談しておいた方が良いでしょう。中には、医療費控除が受けられないインプラント治療もあります。